旅行業務取扱管理者の試験は独学では無茶すぎる? 

旅行業務取扱管理者試験を受けて、一発合格に成功することは、
旅行業界のことをたいして知らない人でもじゅうぶんにチャンスがあります。

それも一日中勉強に血道をあげる必要はありません(さすがに、受験勉強をする日数が
足りないときは別ですが)。無理しないペースでも合格できる可能性が理論上はあるのです。
ここでは、旅行業務取扱管理者の試験で必ず話に上る、独学の可能性および
「どんな勉強法が使えるのか」について語りたいと思います。

旅行業務取扱管理者の試験では、ただ旅行好きな人やこの資格のメリットにひかれた人にとってなじみやすい科目ばかりが出てくるのではありません。旅行業法や約款等は面白味がないことが多いです。本の読み方を工夫することはできますが、それも個人の努力では限界があります。

つまり、旅行業務取扱管理者の試験に独学で臨むのは、大半の受験者にとっては
困難
だということです。独学では、なかなか教材を進めることができなくて、何日も、何週間も無駄に費やしてしまう恐れが強い、ということは正直に告白しなくてはなりません。

「独学では、旅行業務取扱管理者の試験は厳しい」となったら、
特に知識のない受験者に取っては独学ではなく教わる方法を選ぶことになりますが、
旅行業務取扱管理者の講座がある学校はたくさんあるようです。
学校に行けば、実際にこの資格を持っている先生が教えてくれるでしょうし、
勉強する環境も教材もそろえてもらえますから、
確かに多くの受験者にとって勉強がはかどるはずです。
ただし、通学講座は場所や時間の点で制約が多数出てきます。実際に、多くの受験者が、
通学が続かず失敗していますし、もともと帰宅後も自主勉強はする必要があります。
疲れて帰ってきてから勉強するのがつらいという意見は少なくありません。

それでは、旅行業務取扱管理者の学校に通えない多数派の初心者にとっては
どんな道があるのでしょう?
目下は、通学講座や独学から、通信講座に切り替えることが旅行業務取扱管理者の受験者に
安心して紹介できる方法です。
通信講座は、独学と違ってしっかり教えてもらえますし、発達した教材を使えば
学習成果が学校に劣ることはありません。なのに、通学講座と違って時間の制限がありません。
つまり独学と時間面では条件が同じです。独学と通学講座の間をとった勉強ができるのが、
今風の通信講座の長所ですね。

旅行業務取扱管理者の初心者は、独学や学校よりも、まず通信講座から試すことがおすすめです。
そのほうが、失敗する危険性をいちばん弱めることができるでしょう。

⇒次のページ